トップ

歯科で気をつけること

歯科での感染予防とは

金属

多くの患者が通う歯科の衛生環境

歯科には、不特定多数の多くの患者が通ってきます。その中には、感染症を持っている方もいるでしょう。自分で、B型肝炎などの既往を自覚している人はいいですが、そうでない方もいます。それら患者さんから患者さんへの感染などを避けるために歯科では衛生環境にも配慮を行っています。使い捨てにできるような消耗品はディスポーザブルの物を使用し、使い捨てにできない物は滅菌処理を行うなどの配慮です。これにより口腔内の感染を予防します。また院内で履くスリッパや診察代なども抗菌処理をされたものを使用して院内環境の配慮も行っています。

衛生管理を徹底している

歯科では毎日多くの患者さんたちの歯や口の中を治療しているので、院内感染などが起こらないように衛生管理を徹底的にやっている所が大半です。それらの医院が患者さんたちのために行っている工夫には、オートクレーブという歯科器具・治療用具を高温高圧で滅菌出来る装置で器具の清潔を徹底したり、治療に使用した後の器具を超音波洗浄機で洗い、目に見えない汚れまで落とすこと、治療に使う手袋やエプロン、コップを使い捨てのものにすることなどで、もちろん院内の環境を清潔に保つための掃除も欠かさない医院がほとんどです。各医院が衛生管理のために行っていることはそれぞれのホームページで紹介されていたりするので、安心して歯の治療が出来る医院を選ぶために参考にすると良いでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科で気をつけること. All rights reserved.